ヨネヤトップ

強度近視用メガネ

子供用メガネ

大きいメガネ

小さいメガネ

スポーツ用メガネ

スイスフレックス

遮光眼鏡

跳ね上げメガネ

携帯用メガネ

遠近両用メガネ

パソコン用メガネ

眼瞼下垂矯正メガネ

ヨネヤのメガネづくり

メガネの選び方

調節と輻輳

斜位・眼位・プリズム

メガネのメンテナンス

メガネ販売記

メガネ屋の環境対策

メガネの通販について

メガネフレーム

メガネレンズ

公益社団法人
日本眼鏡技術者協会

メガネ・ポータル

視覚機能研究会

リンクのページ

快適なメガネで心豊かな生活

メガネの本質

海外旅行で「メガネをかけて首からカメラを提げていれば日本人」なんて揶揄された時代もありましたが、今では「メガネはファッションの一部」とまで言われています。これは喜ばしいことではありますが、一部で誤解を生んでしまっているのも事実です。視力で悩む方にとって「メガネはクリアな視界を得るための心強い相棒」であること。私はそれこそがメガネの本質であり、存在価値であると考えています。このサイトを見てくださった方々が、そう感じていただけたら幸いです。

ヨネヤは、視力で悩む方のお力になることを第一にメガネづくりをしています。

公益社団法人 日本眼鏡技術者協会 SS級認定眼鏡士 天野 力日本眼鏡技術者協会

 

メガネとファッション雑貨

たとえご希望のフレームやレンズでも、お顔立ちや度数によってはおすすめできないことがあります。確かにメガネはファッションアイテムのひとつですが「視力を補正して快適な見え心地をサポートする」という前提があり、自由度の高いファッション雑貨とは守備範囲が異なります。メガネ店は技術屋でもありますから「お客様の希望だから」だけでメガネづくりをしてはいけないのです。

 

豊富な専門知識と技術、バラエティーに富んだ品揃え

メガネ店は小売業ですが、技術屋でもありますので、専門的な知識と技術がないと出来ない仕事です。ヨネヤでは、様々なお客様に対応できる知識と技術はもちろん、取り扱うレンズやフレームがバラエティーに富んでいることを心がけています。

強度近視用メガネ

強度近視など、厚くて重いレンズが本当に薄く軽く仕上がる設計のフレームです

子供用メガネ

発達途上のお子様の眼には、見た目や安さよりも優先したいことがあります

大きいメガネ

サイズが大きいのに、地味にならないスマートなデザイン

小顔の大人の小さいメガネ

普通サイズではフィットしない小顔の大人の方に小さいフレーム

スポーツ用メガネ

安全性、耐久性を考慮したスポーツ用メガネ

メタルフリーのスイスフレックス

超軽量でお肌に優しく、安全性にも配慮した樹脂フレーム

遮光眼鏡

眼疾患やアウトドアライフなどでの「有害光線からの保護」と「まぶしさ対策」を本気で考えたメガネ

跳ね上げメガネ

1本2役の跳ね上げメガネ
クリップオンサングラスもオーダーメイドなら違和感なし

携帯メガネ

コンパクトに収納できる驚きのフレーム

遠近両用メガネ

シニアにはシニアのメガネ選びがあります。じっくりと選んでください

パソコン用メガネ

ブルーライトカットの前に、快適なPC作業に必要なことがあります

眼瞼下垂でお悩みの方へ

まぶたが下がって、思うように眼が開けられない眼瞼下垂の方へ

ヨネヤのメガネづくり

メガネの調製(注文に応じて作ること)はどこの店でも同じではありません

メガネの選び方

メガネをちゃんと作るには、どんなことに気をつければ良いのでしょう

調節と輻輳

メガネづくりに大切なピント合わせと寄り眼について

斜位・眼位・プリズム

ただ「見える」だけのメガネで良いのでしょうか?

メガネのメンテナンス

メガネの寿命も、お取り扱いとお手入れ次第です

メガネ販売記

メガネを調製した様々な事例を掲載しました

メガネ通販に対するヨネヤの考え

顔も見ない、話も聞かないメガネ調製ってホントにありでしょうか?

フレームについて

メガネは、レンズが良ければフレームはどうでも良い?

レンズについて

超薄型、非球面だったら品質の良いメガネ?

 

ヨネヤと大月

ヨネヤ店舗地図

ヨネヤは大正13年、時計とレコードを扱う「米屋時計店」として創業しました。
昭和に入り合名会社となり、メガネ・万年筆・喫煙具・宝飾なども扱うようになりました。
現在ではメガネ中心の商品構成になったこともあり、社名はそのままですが、カタカナの「ヨネヤ」で通しています。
私が3代目になります。

ヨネヤのある山梨県の大月は、新宿からJR中央線の特急でおよそ1時間のところに位置し、富士急行線の起点でもあります。大月は富士山観光の玄関口であると同時に富士山の景勝地でもあり、五百円札の富士山は、大月市の「雁ヶ腹摺山(がんがはらすりやま)から撮影されたものです。駅から徒歩で行ける富士ビューポイントもあります。また、岩殿山(いわどのさんや日本三奇橋のひとつ「猿橋」など都心から日帰り観光が楽しめます。詳しくはこちら

 

ページトップ